廃油の処理はしっかり行なおう|環境を大切に

作業員

リサイクルできる

工場

廃油とは事業の活動などによって排出された廃棄物のことです。廃油は様々な業者が排出します。例えばガソリンスタンドや自動車整備工場、または、石油基地や船舶などがあります。こうした業者から出た廃油は廃油回収業者に回収を委託します。ローリーやトラック、ダンパーやパージで回収されていくまでは、一般的に知られています。その後廃油は回収業者の工場でリサイクルされているのです。まず廃油は回収業者の工場に集められ、特殊な装置によってリサイクルに不適切な部分を取り除きます。この取り除かれた部分は油水分離の上、焼却処理します。そして特殊な装置を通り抜けた部分だけが廃油再生品として認められるのです。その後、廃油を再生して出来たオイルは粘度などによって何に使えるオイルなのか分けていきます。まず、コンクリートを分離する特殊用途と判断されたオイルは土木建築で使われ、また潤滑油に向いているオイルは工場などで使われます。他にも機械の燃料として使用されたり、セメント工場の焼却炉のための補助燃料に使用されたりしているのです。このように廃油は回収業者によって廃棄物から様々な役に立つものにリサイクルされています。廃油は普通のゴミのように捨てることの出来ないものです。処理を間違うと環境を汚染し有害になる可能性もあります。そのため法律違反になる場合もあるのです。きちんと回収業者に委託し、環境にやさしいリサイクルをしてもらいましょう。

環境に優しいごみ処理

笑顔の作業員

従来まで燃やしていた産廃を、最近では細かく砕く破砕という方法に変えていってます。破砕に変えることで、情報漏洩のリスクがなくなり環境にも優しくなりました。また、リサイクルが可能になったものが増えたのです。

詳細を読む

業者に依頼して処理する

作業員

産廃処理をするには業者に依頼する必要があるので、複数の業者のホームページを見比べて自分に合った業者を見つけることが大切です。それと、口コミや評判も参考にすると良いでしょう。

詳細を読む

瓦礫を分けて処分する

工場

産廃を処分するには瓦礫選別をする必要があります。人の手で産廃を分けるのはかなり大変なので、業者からベルトコンベアーなどの機械を購入すると良いでしょう。まずは問い合わせで資料請求をするといいです。

詳細を読む